2016年07月31日

『ラストナイト』 薬丸岳

ラストナイト -
ラストナイト -
30〜31日。

読みやすくて面白かった。
おかげで久々に一気読み。

顔には豹殻の刺青、左手は義手。
菊池正弘が営む居酒屋「菊屋」に、古い友人で
刑務所を出所したばかりの片桐達夫が現れた。

かつてこの店で傷害事件を起こしてから、
自身の妻とも離婚し、32年もの間に何度も犯罪に手を染めてきた男だ。
獣のような雰囲気は人を怯えさせ、
刺青に隠された表情からは本心が全くつかめない――。
何故、彼は罪を重ねるのか?

片桐が出所してからの数日間を
いろんな人の視点から描いている。
居酒屋を営む昔からの友人・菊池正弘や
片桐を担当した弁護士・中村尚、
離婚した妻が連れて行った娘・松田ひかり、
梶原史郎の妻・森口絢子。
そして、菊池の営む居酒屋の常連・荒木誠二。

最初は、何を考えているのかさっぱり分からない片桐だったが、
読み進めているうちに段々と透けて見え始める。
なぜ、出所するたびに罪を犯すのか。

罪をまた犯すのでは?と考えた弁護士の中村は、
なんとかしようと菊池に会い、片桐の娘を探し出し訪ねる。
ひかりは、中村の過去を聞き、
片桐と会うことを決意する。
絢子は、最初は片桐の警戒しながらも、
片桐のことを信頼し始める。
そして荒木は…。

荒木もさっぱり分かんなかった。
刑事なのかとも思ったけど、
まさかそんな理由で片桐を見守っていたとは!

それにしても、なんとも切ない物語。
片桐が妻と別れた理由もツラいし、
罪を重ねる理由も切ない。
だけど、復讐の形は変わったと信じたい。
それで、片桐はきっと救われたのでは?
そう思わないとあまりにも切なすぎる。
posted by くりきんとん99 at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 薬丸岳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

『陸王』 池井戸潤

陸王 (集英社文芸単行本) -
陸王 (集英社文芸単行本) -
25〜28日。

池井戸さんの銀行モノは、
もう読まなくてもいいかなぁ?と
思っていたところへの企業モノの新刊。

これは予想以上に面白かったぁ。

埼玉県行田市にある「こはぜ屋」は、
百年の歴史を有する老舗足袋業者。
といっても、その実態は従業員二十名の零細企業で、業績はジリ貧。

社長の宮沢は、銀行から融資を引き出すのにも
苦労する日々を送っていた。
そんなある日、宮沢はふとしたことから新たな事業計画を思いつく。

長年培ってきた足袋業者のノウハウを生かした
ランニングシューズを開発してはどうか。

社内にプロジェクトチームを立ち上げ、
開発に着手する宮沢。
しかし、その前には様々な障壁が立ちはだかる。

資金難、素材探し、困難を極めるソール(靴底)開発、
大手シューズメーカーの妨害――。
チームワーク、ものづくりへの情熱、
そして仲間との熱い結びつきで難局に立ち向かっていく零細企業・こはぜ屋。

そしてそのランニングシューズ「陸王」を履き、
一度は、故障し一線から退いていた長距離選手・茂木が
再起をかけ大会へ出場する。

資金難に大手の妨害。そして困難な開発。
この辺は「下町ロケット」を思い出すけど、
ランニングシューズにマラソンと、
「下町ロケット」とは違った新鮮さを感じ面白い。

やっぱりチームワークがいい。
そしてそれぞれ「陸王」への思いがいい。
ソールとして採用するシルクレイ。
そのシルクレイを作る技術を持つ飯山を顧問に迎え、
どんどん作れる〜?と思ったところへのまさかの機械の故障。

さすがにちょっと厳しいのか〜?と思ったけど。
そこは、さすがに池井戸さん。
きちんと逆転劇があるんだよね。

でも、ラストが〜っ、ラストよかったけど、
3年後のこはぜ屋が、読みたかったよ〜っ。
それはいい方に行ったと想像するしかないんだろうけど、
読みたかったなぁ、3年後のこはぜ屋。
posted by くりきんとん99 at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 池井戸潤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

『超高速!参勤交代 老中の逆襲』 土橋章宏

超高速!参勤交代 老中の逆襲 (らくらく本) -
超高速!参勤交代 老中の逆襲 (らくらく本) -
22〜24日。

映画の続編があることを知り、
この原作の続編が出ていることを初めて知った。
前作がすっきりと終わってただけに
続編が出ていることにびっくり。

「5日以内に江戸へ参勤せよ!」
1万5000石の磐城湯長谷藩に突きつけられた難題は
ほんのプロローグにすぎなかった。

幕府要人たちの連続死。
そして蟄居したはずの老中・松平信祝が復活。
のんびりと帰途へ着く湯長谷藩に新たな命が下った。
「2日で交代を済ませよ!」
「江戸城天守を再建せよ!」

再び存亡の危機に陥る湯長谷藩。
老中の真の狙いは何か? いったい誰と結んでいるのか!?
そして再び走り始める湯長谷藩の面々に次々と難題が。

前作も面白かったけど、
今作も前作に負けず劣らず面白かった。

それにしても信祝の執念たるや!
そこまでする!?
小さい藩なんだから、そこまでしなくても。
老中として復活したなら、そこまでで
放っておけばいいのに〜。
でもそれじゃあ話が進まないもんね。

今回も映画化になるこの作品。
前作も観てないけど、こうなったら観てみたいような。
でも藩主の内藤政醇役の佐々木蔵之介って
ちょっとイメージ違うんだよなぁ。
posted by くりきんとん99 at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする