2017年06月19日

読書メーター 5月のまとめ

5月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2868
ナイス数:1780

かがみの孤城かがみの孤城感想
優しい素敵な物語で、そして厚さをまるきり感じさせない。特に後半は、何もせずに一気読み。図書館で借りたけど、これはもう一度買って読もう。それだけの価値があると思える作品。勇気をもらえる素敵な物語だった。
読了日:05月28日 著者:辻村 深月
いつかの花: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし (光文社時代小説文庫)いつかの花: 日本橋牡丹堂 菓子ばなし (光文社時代小説文庫)感想
なんかホッとするような本が読みたいな〜と手に取った文庫。和菓子屋さんが舞台で美味しそうだったし。遠い親戚の二十一屋に1年限りという条件でやってきた16歳の小萩の成長物語。小萩も可愛いし、お菓子も美味しそうで満足の1冊。
読了日:05月20日 著者:中島 久枝
警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 通報者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
最後にタイトルの意味に気が付いてなるほど。ばらばらに起きていたと思われていた事件が、意外な形でつながっていた。ちょっと変わった趣向で面白かったけど、物足りなかったかな〜。
読了日:05月12日 著者:吉川 英梨
警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 氷血 (宝島社文庫)警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 氷血 (宝島社文庫)感想
原麻希シリーズでまさかの北海道警察と合同捜査!?と思いきや、道警の黒い過去に巻き込まれていく原麻希と旦那。そして原麻希の過去。いつもと違う原麻希。でもほろっときちゃったわ。
読了日:05月09日 著者:吉川 英梨
神様の裏の顔 (角川文庫)神様の裏の顔 (角川文庫)感想
面白い。テンポもいいし笑わせてもくれる。結局、いい人だったってことかな。でも真相は怖いわ〜。
読了日:05月09日 著者:藤崎 翔
警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 5グラムの殺意 (宝島社文庫)警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 5グラムの殺意 (宝島社文庫)感想
相変わらずのテンポの良さ。またまた魅力的なキャラが出てきた?と思いきや、鍋島刑事すごすぎる。なぜ君が捜査一課に?今回の事件の真相は、何ともやり切れず。その気分を一掃させるための鍋島刑事なのか?
読了日:05月06日 著者:吉川 英梨
警視庁「女性犯罪」捜査班  警部補・原麻希 (宝島社文庫『日本ラブストーリー大賞』シリーズ)警視庁「女性犯罪」捜査班 警部補・原麻希 (宝島社文庫『日本ラブストーリー大賞』シリーズ)感想
原麻希の新シリーズ。知らなかったもんな〜。出てたの。久々の原麻希は、面白かった。犯人の仕掛けたミスリードに次ぐミスリード。そんな犯人に挑む原麻希。最後まで引き込まれたわ。
読了日:05月04日 著者:吉川 英梨
夜行夜行感想
今まで読んだ森見さんとは違う感じ。でもこの不思議さはやはり森見さんらしいのか?どちらの世界が本当の世界なのか。恐怖がじわじわと感じられ何とも言えない読後感。
読了日:05月01日 著者:森見 登美彦

読書メーター



まとめをアップするのがすっかり遅くなっちゃった。

5月はゴールデンウィークがあった分、
結構読めたけど、それでも一桁。
やっぱり転職してから、本が読めなくなったな〜。
忙しいんだもん。

5月は、原麻希の新シリーズが面白かった。
特に北海道が舞台の氷血が良かったな。
それと辻村さんの「かがみの〜」が面白かった。

6月は、すでに半分も過ぎちゃったけど、
もう全然進まないっ!
勉強もしなくちゃだしな〜(^_^;)
posted by くりきんとん99 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする