2014年01月02日

『本日は、お日柄もよく』 原田マハ

本日は、お日柄もよく [単行本(ソフトカバー)] / 原田 マハ (著); 徳間書店 (刊)
31日〜1日。

2014年の1冊目の本がこれで正解!っていうくらい、
清々しくそして素敵な物語。
さすがマハさんだわ。
な〜んて、タイトルから勝手に
ウェディングプランナーの話だと思ったんだけどもさっ。

二ノ宮こと葉は、27歳の普通のOL。
そんなこと葉は、密かに片思いをしていた今川厚志の披露宴で、
素晴らしいスピーチをする女性、久遠久美と出会う。

伝説のスピーチライター、久美のスピーチを聞いて衝撃を受けたこと葉は、
近々控えている友達の結婚式でのスピーチを引き受けていたことから、
久美に弟子入りをすることに。
そして、久美が野党の民衆党の仕事をしていたことから、
こと葉も政治のことを知っていく。

いや〜〜、これ、ホントよかった。
そしてそれらのスピーチの素晴らしいこと。
披露宴のスピーチから政治家のスピーチ。
笑えるし泣けるんだわ、これが。

言葉の持つチカラっていうものを考えさせられる。

実際こんな仕事があったなんて知らなかった。
いまの政治家は、スピーチライターなんて使ってるのかな?

それに野党の民衆党って・・・。

何かと実際のことと照らし合わせちゃうんだけど、
民衆党って民主党のパクリ?
与党は進展党だったけど。
政権交代のその後を知っていると、なんだか複雑だけどね。
奪回されちゃったし・・・。

まあ、それはともかく。

こと葉たちのライバルとなるワダカマもよかった。
もしやこと葉と・・・?と思ったけど。
・・・だよね〜。
でもできればもっと登場してほしかったな。
posted by くりきんとん99 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 原田マハ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「本日は、お日柄もよく」原田マハ
Excerpt: 二ノ宮こと葉は、製菓会社の総務部に勤める普通のOL。他人の結婚式に出るたびに、 「人並みな幸せが、この先自分に訪れることがあるのだろうか」と、気が滅入る27歳だ。 けれど、今日は気が滅入るどころの..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2017-07-07 20:32