2014年01月03日

『あまからカルテット』 柚木麻子

あまからカルテット [単行本] / 柚木 麻子 (著); 文藝春秋 (刊)
1日〜2日。

正月早々、悪天候が続いて外出する気にならない。
おかげで本を読む時間がたっぷり。

中学時代からの仲良し4人組。
その4人組のそれぞれに日常起こる問題。
恋愛だったり、仕事のことだったりを、
連作短編となって描かれている。

どれも気持ちがよく爽快。
アラサー女子の気持ちがよく描かれている。

ピアノ教師の咲子が一目ぼれした相手を、
もらった稲荷寿しからヒントを得て探し出したり、
主婦の由香子がネットでバッシングされ、
引きこもりになってしまったのを助けたり。
4人の友情、でも女らしいところは女らしいってところが、
やっぱり柚木さんらしくて良い。

一番好きだったのは、「おせちでカルテット」かな。
家事の苦手な薫子のもとに正月、姑がやってくる。
4人はお節を分担することにするんだけど、
それぞれが大晦日に大ピンチの状態に陥ってしまう。
大雪で帰れなかったり、倉庫に閉じ込められたり・・・。

状況が面白い。
でも、そんな中でもそれぞれがその場でできることを
懸命にやって行こうとする姿が共感を得る。

何作か読んだ柚木さん。
まだ未読の本が何冊かある。それも今後読んでみよう。
どれも読後感いいし、元気をくれそうだもんね。
posted by くりきんとん99 at 19:27| Comment(0) | TrackBack(1) | 柚木麻子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

柚木麻子 『あまからカルテット』
Excerpt: JUGEMテーマ:読書感想文    5編からなる食と女性にまつわるストーリー。   4名ごとのストーリーを展開させ..
Weblog: こみち
Tracked: 2015-10-31 13:33