2014年03月29日

『雪月花黙示録』 恩田陸

雪月花黙示録 (単行本) [単行本] / 恩田 陸 (著); KADOKAWA/角川書店 (刊)
25日〜28日。

私が読んだ中では一番軽快な恩田陸さんだったかも。
主人公たちが高校生でパラレルワールドな日本に
なんとなく三崎亜記さんの『コロヨシ』シリーズと重なる。

大和文化を守る「ミヤコ」と物質文明に傾倒する「帝国主義者」の
二つに分かれてしまっている近未来の日本が舞台。

高校生の蘇芳、紫風、萌黄の春日家の三人が主人公。

ある日、紫風が当選確実の生徒会長選挙で、
選挙への妨害行為が相次ぐ。
派手好きで蘇芳のことを思っている追川道博の仕業かと思われた
その妨害行為は、「伝道者」と名乗るモノ達の仕業だった。

そして選挙妨害だけではなく、
様々なことが「ミヤコ」の3人の周りで起きていく。
それは、帝国主義者たちの仕業なのか。
それとも伝道者の仕業なのか。
そして何が目的なのか・・・?

って書くと、わりと重そうなんだけど、
けっこう軽〜く書かれてるんだよね。

紫風と萌黄は真面目な感じなんだけど、
蘇芳と道博が軽いキャラだからかなぁ?

恩田陸さんの作品は、最近、もや〜〜っと終わることが多いから、
これも覚悟して読み始めたんだけど、
予想以上にテンポよく、軽快で、
そしてエンディングもスッキリ!!

これは、アニメ化を狙っているのか・・・?
思わずそんなことを考えちゃう。
面白かったんだけどね。
posted by くりきんとん99 at 14:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 恩田陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「雪月花黙示録」恩田陸
Excerpt: 私は高校生の蘇芳。いとこの紫風(美形なうえに天才剣士!)が当選確実の生徒会長選挙を控えたある日、選挙への妨害行為が相次いだ。また派手好きで金持ちの道博の仕業かと思ったら、「伝道者」を名乗る者が出現。私..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2016-02-09 12:30