2015年01月03日

『ビブリア古書堂の事件手帖6栞子さんと巡るさだめ』 三上延

ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫) -
ビブリア古書堂の事件手帖 (6) ~栞子さんと巡るさだめ~ (メディアワークス文庫) -
30〜1日。

前回で終わらなかったから、今回で終了!?って
勝手に思い込んでいた。まだ続くんだね〜。
でもそれを知った衝撃より
十分に面白かったからヨシとする!

今回は、太宰治をテーマに長編。

太宰治の『晩年』を奪うため、
栞子に危害を加えた田中敏雄。
五浦大輔と栞子は保釈中の田中敏雄に
違う『晩年』を探してほしいという奇妙な依頼を受ける。
署名ではないのに、太宰の自筆とわかる珍しい書き込みがあるらしい。

2人はその本の持ち主に
田中が本を狙っていることを忠告するつもりで
その依頼を受けていた。

だが本を追ううちに二人は、驚くべき事実に辿り着く。
四十七年前にあった太宰の稀覯本をめぐる盗難事件。
その事件には二人の祖父母が関わっていた。

今回は、栞子さんが四十七年前に密室から
太宰治の『駈込み訴へ』が持ち出された謎を解き明かす。
すごいわぁ。
だって、四十七年前のかすかな証言を聞き集めて、
それらからおそらく真実に辿り着いちゃうんだもん。

そして、田中と対決する五浦。
さらにその後の犯人?との対決。
後半が思ったよりスリリングで、
一気に読んじゃったよ。

あとはそうだね〜、
付き合い始めた栞子と大輔が何とも新鮮?
読んでいてちょっと恥ずかしいくらいだけど、
男の人が書くとこんな感じになっちゃうのかなぁ?

どちらにしてもあとがきによると
あと1〜2作で終了しそうな今シリーズ。
また次が出るのは一年後かな?
楽しみに待つとしますかぁ♪
posted by くりきんとん99 at 14:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 三上延 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またまた、お邪魔します♪
『ビブリア』シリーズもあと2巻くらいで終了なんですね〜!
しかし1巻で刑務所に入ったあの田中がまた登場とは?
ここまで悪役にしなくてもいいような…
でも、今回はもっと悪が出てきちゃいました(>_<)
どういう結末になるのか、楽しみです♪
Posted by やっくん at 2015年09月03日 21:15
やっくんさん、おはようございます♪

そうですね〜。
ビブリオももう終わりっぽいですね。
ちょっと寂しいような(T_T)
今回の田中の登場は、予想外でした。
でもあんまり覚えていないので
完結したら再読するつもりです。
Posted by くりきんとん99 at 2015年09月05日 06:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411730515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

三上 延 『ビブリア古書堂の事件手帖6〜栞子さんと巡るさだめ〜』
Excerpt: 三上 延 『ビブリア古書堂の事件手帖6〜栞子さんと巡るさだめ〜』 (角川コミックスエース) 616円 [作品紹介] 太宰治の『晩年』を奪うため、美しき女店主に..
Weblog: 気まぐれ Warker
Tracked: 2015-09-03 21:16