2015年06月13日

『ブラック・ベルベット』 恩田陸

ブラック・ベルベット -
ブラック・ベルベット -
11〜13日。

久々の恩田さんの作品。
そしてまさかのシリーズもの3作目。
恩田さんの作品は、ブログを始める前から
けっこう読んでいるつもりだったけど、
このシリーズは未読だった。

そして、モヤっとした読後感がイマイチな
作品が最近多かったから、ちょっと心配しながら読んだけど、
これは、展開も面白くすっきり!
舞台もパラレルワールドじゃないし。

東西文化の交差点・T共和国。
外資製薬会社に身を置く凄腕ウイルスハンター神原恵弥(めぐみ)は、
仕事でT共和国に訪れたが、
知り合いから入国後に消息を絶った
女性科学者・アキコ・スタンバーグの行方を探すよう頼まれる。

さらに恵弥は、「アンタレス」という人物が
恵弥と会いたがっているからT共和国に行くよう言われていた。
イスタンブールで恵弥は、高校の同級生だった満と再会。
その満から、全身に黒いコケを生えた遺体が見つかったという話を聞く。
さらに高校時代に付き合っていた橘とも再会する。

「アンタレス」に会うために訪れた店で、
代理人と名乗る人物から、教えられた方向を見ると
アキコ・スタンバーグが。
慌てて後を追った恵弥の前で
アキコ・スタンバーグは、通り魔によって殺されてしまう。

「アンタレス」とは?
黒いコケに覆われた遺体とは?
そしてアキコ・スタンバーグはなぜ殺されたのか?

前半というか、後半まで謎だらけ。
ウイルス・ハンターだという恵弥の仕事がイマイチわかんないし。
やっぱり、前2作を読んでないからだよねぇ。

どれがどうつながるのか、残りのページが少なくなればなるほど、
これ、またモヤっと終わるのでは?と
変に心配で、先が気になるやら、読み進めたくないやらで
なんとも複雑な気分で読んだけど、予想外な真実だらけでビックリ。

久々にすっきり読み終わることができた。
でもやっぱりウイルス・ハンターって何?って謎だけ残り・・・。
そのうち前2作も読もうっと。
そうすれば、もっとすっきりするよね。
posted by くりきんとん99 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(2) | 恩田陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

井戸の底から
Excerpt: 人間はカエルよりもえらいのか?カエルにはできないけれども人間にはできることがあるのか?それとも人間も所詮は、カエルのように、井戸の底から見上げる空しか見ることはできないのでしょうか?
Weblog: 哲学はなぜ間違うのか
Tracked: 2015-06-17 20:44

「ブラック・ベルベット」恩田陸
Excerpt: 外資製薬会社に身を置く凄腕ウイルスハンター・神原恵弥。 ある博士の捜索を依頼されてT共和国にやってきたが、博士は殺されてしまう。 一方、この国では全身を黒い苔で覆われて死んだ人間がいるらしい。 ..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2017-03-03 12:00