2016年05月15日

『ニセモノの妻』 三崎亜記

ニセモノの妻 -
ニセモノの妻 -
12〜13日。

三崎ワールドを堪能できる4編の中編。
4組の夫婦の物語。

「終の筈の棲家」
終の棲家にするつもりで、結婚一か月で購入したマンション。
すぐに完売と聞いたが、そのマンションには他の住民が見当たらない。
そしてそのマンションは、地域住民から反対運動を起こされていた。

「ニセモノの妻」
「もしかして、私、ニセモノなんじゃない?」
ある日、六年間連れ添った妻が言いだし、
本物探しの奇妙な日々が始まった。

「坂」
空前の坂ブームの中、
人気のある坂に面した家に住んでいた夫婦。
ある時、その坂が閉鎖される。
その閉鎖している集団の中に妻の姿が。

「断層」
妻と幸せに暮らしていいたある日、
妻が断層に巻き込まれる。
そして妻と夫は、毎日少しずつ一緒に生活をする。
だが、妻は断層に巻き込まれていることに気が付いていない。

ちょっと不思議で、ちょっと怖い、
そしてちょっとホロリとくる中編。
特に「断層」が可哀そうだったなぁ。
「ニセモノの妻」も切なかったけど。

登場人物たちはいたって普通の人たちばかりなのに、
三崎さんの描く世界がちょっと不思議。
パラレルなワールド。
こういう不思議な世界って苦手だけど、
三崎さんのは読んじゃうなぁ。
posted by くりきんとん99 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 三崎亜記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

夫婦たちの奇妙な4編
Excerpt: 小説「ニセモノの妻」を読みました。 著者は 三崎 亜紀 4つの短編からなる作品集 どれも独立した話だけど、どれも夫婦が中心となっているところがキーワードかな 「終の筈の住処」「ニセモノの妻」「坂..
Weblog: 笑う社会人の生活
Tracked: 2017-04-09 11:46