2016年12月02日

読書メーター 11月のまとめ

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1850ページ
ナイス数:690ナイス

のうだま2 記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ! (幻冬舎文庫)のうだま2 記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ! (幻冬舎文庫)感想
トメさん、ガヤさん、ありがとう!!今まで物覚えが悪いのを年齢のせいにしていた自分が恥ずかしい。
読了日:11月26日 著者:上大岡トメ,池谷裕二
ホイッスル (光文社文庫)ホイッスル (光文社文庫)感想
普通に生活していた聡子に突然襲った不幸。あまりにも酷い仕打ちに読み進めるのが辛いほど。でもその聡子を支える娘と姪。そして芳川弁護士と沢井さん。聡子が人に恵まれていてよかった。それにしても夫の章と不倫相手の和恵が酷すぎる。あんな酷いことをしておいて少しの罪悪感もないんだから。でも「テミスの休息」の二人にここで出会えたのは、得した気分。
読了日:11月24日 著者:藤岡陽子
メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官感想
期待を破らないこのシリーズ。今作は読み進めるほどに謎が深まり、読み進めるほどにページを繰るスピードが増していく。ちづるはきっと無関係ではないと思いながら読んだけど、まさかの真相に恐怖。そしてその香りが世界に広がっていくとは…。恐ろしいというかおぞましいというか。
読了日:11月20日 著者:川瀬七緒
慈雨慈雨感想
やっぱり柚月さんの作品はいい。神場の人間としての葛藤、刑事としての葛藤が感じられた。16年も苦しんでいたなんて。その神場を慕う緒方の緊張感が読んでいても伝わってくる。最後は…どうなったんだろう?やっぱり16年前の事件は…だったのか?
読了日:11月14日 著者:柚月裕子
恋のゴンドラ恋のゴンドラ感想
とあるスキー場を舞台にした連作短編集。タイトルに「恋の〜」とついているだけあって軽いタッチで読める恋愛もの。それにしてもしょっぱなんから怖すぎっ。そしてまさかのラストは…。バカすぎでしょ、光太。そして桃実が可哀相すぎ。日田君と上手くいってほしいな。
読了日:11月8日 著者:東野圭吾
弥勒の月 (光文社時代小説文庫)弥勒の月 (光文社時代小説文庫)感想
『風を縫う』がちょっと物足りなかったけど、これは面白い。おりんや清之助の想いが切なく、やりきれない。信次郎のキャラが複雑っ!それを伊佐治が補っているんだろうけど…。次も読むっ!
読了日:11月4日 著者:あさのあつこ

読書メーター

matome_gimage_87122_2.jpg


10月とは大違いで6冊。
おまけにブログに感想を書けてないっ!
辛うじて読メだけ〜っ。
10月のはおいおい書くつもりだけど、
12月からは、きっちり書く!!

10月は、少なかったけど濃厚だった。
「弥勒」シリーズ1作目の「弥勒の月」に
「慈雨」、「メビウスの守護者」だもんね。

12月は、何冊読めるのかな?
でもまた忙しそうなんだよな〜。
posted by くりきんとん99 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック