2017年01月01日

読書メーター 12月のまとめ

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1481ページ
ナイス数:450ナイス

セイレーンの懺悔セイレーンの懺悔感想
報道する側から描かれたミステリー。スクープのために起こる誤報。誤報から起きる悲劇。そして真実は…。相変わらず読みやすくテンポがいい。でもラストの宮藤刑事は…なに?
読了日:12月31日 著者:中山七里
本バスめぐりん。本バスめぐりん。感想
大崎さんらしい優しいミステリー。移動図書館が舞台ということでちょっと新鮮。ウメちゃんとテルさんが行く先々で出会う人々とのやり取りが、気持ちを暖かくさせる。
読了日:12月24日 著者:大崎梢
溝猫長屋 祠之怪溝猫長屋 祠之怪感想
怖いのが苦手な私でも読むことができる輪渡さん。今作も怖いけど面白い。「嗅ぐ」「聴く」「視る」を感じるようになった4人の悪ガキ。一人だけそれらを感じなかったのには、そんなわけがあったとは!やっぱり悪さをすると罰が当たるってことだよね。今後も長屋に残るらしい4人…ってことは、もちろんシリーズ化でしょう?次も楽しみ〜♪
読了日:12月18日 著者:輪渡颯介
クローバーナイトクローバーナイト感想
辻村さんの作品にしてはあっさり目な印象。実際、子育てをしている辻村さんにとって身近な問題ばかりなのでは?それにしては、志保の母親がちょっと怖かったけど。そして夫の裕は、辻村さんにとって理想の旦那だったりして。
読了日:12月14日 著者:辻村深月
夜叉桜夜叉桜感想
シリーズ2作目。捻くれ者の同心の信次郎と岡っ引きの伊佐治も息があってきたようで、読んでいても前作ほど信次郎の発言に嫌悪を感じなくなった。が、前作同様に切なくやりきれない物語。そしてもう出てこないだろうと思っていた遠野屋が再び強く事件に絡み物語をさらに深いものにしている。次も楽しみなシリーズ。
読了日:12月4日 著者:あさのあつこ

読書メーター
matome_gimage_87122_2 (1).jpg


2016年最後の月は、6冊しか読めなかった。
それもブログには1冊しか更新ができなかった。

2017年は、そんなことが無いように。
冊数はともかく、ブログには載せよう!

この月は、輪渡さんの新シリーズの登場。
面白かったし、続きも楽しみ。
声が一番面白かったかな?
posted by くりきんとん99 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445695858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック