2017年01月22日

『七月に流れる花』 恩田陸

七月に流れる花 (ミステリーランド) -
七月に流れる花 (ミステリーランド) -
17〜20日。

少年少女向けに描かれた作品で、
とても読みやすかったけど、
恩田さんらしくちょっと不思議でちょっと怖い物語。

坂道と石段と石垣が多い静かな街、夏流(かなし)に転校してきたミチル。
六月という半端な時期の転校生なので、
友達もできないまま夏休みを過ごす羽目に。

終業式の日、彼女は大きな鏡の中に、
緑色をした不気味な「みどりおとこ」の影を見つける。
思わず逃げ出したミチルだが、手元には、
呼ばれた子どもは必ず行かなければならない、
夏の城――夏流城(かなしろ)での林間学校への招待状が残されていた。

ミチルは五人の少女とともに、
濃い緑色のツタで覆われた古城で共同生活を開始する。

城には三つの不思議なルールがあった。
鐘が一度鳴ったら、食堂に集合すること。
三度鳴ったら、お地蔵様にお参りすること。
水路に花が流れたら色と数を報告すること。

読みやすいけど怖い。怖いけど面白い。
でも意外なオチだったなぁ。
可哀相なお話だった。

次は、男の子の物語。「八月は冷たい城」。
posted by くりきんとん99 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 恩田陸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

「七月に流れる花」(ミステリーランド)恩田陸
Excerpt: 坂道と石段と石垣が多い静かな街、夏流(かなし)に転校してきたミチル。六月という半端な時期の転校生なので、友達もできないまま夏休みを過ごす羽目になりそうだ。終業式の日、彼女は大きな鏡の中に、緑色をした不..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2017-07-14 05:54