2017年02月01日

読書メーター 1月のまとめ

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2279ページ
ナイス数:727ナイス

まひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみまひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみ感想
このシリーズも気が付くと5作目。今作でもお草さんの真っ直ぐさに読む側も気持ちが引き締まる。今回は、山車蔵移転の話から、思いもよらない物騒な話に。最後にお草さんが贈った傘、どんなふうになったのか、見てみたいわ。
読了日:1月28日 著者:吉永南央
日本健康マスター検定 公式テキスト―ベーシック・コース エキスパート・コース日本健康マスター検定 公式テキスト―ベーシック・コース エキスパート・コース感想
来月の検定のために読んだ。健康であるための基本的なことが書かれているけど、知らないこともたくさん。あと2回くらいは読まなくちゃなぁ〜。
読了日:1月23日 著者:
八月は冷たい城 (ミステリーランド)八月は冷たい城 (ミステリーランド)感想
『七月〜』と対になった今作。こっちの方が怖かったわ。光彦の恐怖心がじわじわと伝わってきた。でも少年らしくて微笑ましくもあったかな。可哀相だったけどね。
読了日:1月22日 著者:恩田陸,酒井駒子
七月に流れる花 (ミステリーランド)七月に流れる花 (ミステリーランド)感想
謎だらけの夏の城にみどりおとこ。読みやすいながらも恩田ワールドを堪能。もやっと終わらなくてよかったわ。では8月へ。
読了日:1月21日 著者:恩田陸,酒井駒子
吾輩も猫である (新潮文庫)吾輩も猫である (新潮文庫)感想
「吾輩は猫である」を読んだことないし、猫が特別好きなわけじゃないけど、そんな私でも十分に楽しめた猫免染で描かれたアンソロジー。荻原さんにはびっくりだったけど。お初の作家さんの山内マリコさんは、予想以上に面白くほかの作品も読んでみたい。
読了日:1月17日 著者:赤川次郎,新井素子,石田衣良,荻原浩,恩田陸,原田マハ,村山由佳,山内マリコ
居酒屋ぶたぶた (光文社文庫)居酒屋ぶたぶた (光文社文庫)感想
いろんなことに疲れてくるとぶたぶたさんが癒してくれる。今年も年明け早々癒してもらっちゃった。確かに公園のベンチにぶたぶたさんが座っていたら、誘拐しちゃうかも。いや、やっぱり遠くからぶたぶたさんを眺めた方がいいかな?あ、それだと話とか聞いてもらえないから、やっぱりワインバーとかがいいか。
読了日:1月14日 著者:矢崎存美
花咲小路三丁目のナイト花咲小路三丁目のナイト感想
やっぱりいいなぁ、この花咲小路シリーズ。今回は、深夜営業の喫茶ナイトが舞台。破天荒な仁太さんの思考回路がすごい。もっとこの喫茶ナイト、やってて欲しかったなぁ。あ、花乃子さんの巻、読んでなかった(汗)
読了日:1月10日 著者:小路幸也
三鬼 三島屋変調百物語四之続三鬼 三島屋変調百物語四之続感想
2017年の1冊目は読みごたえのあるこのシリーズ。でもこれが1冊目でよかった。黒白の間の澄んだ空気まで感じられ新年にぴったり。おちかの別れと新しい出会い、そして新しい一歩。次作が待ち遠しい。
読了日:1月8日 著者:宮部みゆき

読書メーター

matome_gimage_87122_2.jpg


頑張って8冊。
なかなか読み進められないわ。
おまけにこのブログに感想を乗せるところまでいかない。

恩田陸さんの2作、恩田さんらしく面白かった。
もやっとしなかったし。
それから久しぶりのお草さんも。
お草さんの雰囲気がいいんだよね。

2月はかなり厳しく、10日を過ぎてようやく1冊。
5冊くらいは読みたいわ〜。
posted by くりきんとん99 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック