2017年04月07日

読書メーター 3月のまとめ

3月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:2223ナイス数:867ガーディアンガーディアン感想う〜ん、面白いしテンポよく読めるんだけど、確かに登場人物が多くて覚えられん。後半は諦めて流してしまった。こんなに熱心な先生ばかりの学校ってあるんだろうか?読了日:03月25日 著者:薬丸 岳
波動 新東京水上警察 (講談社文庫)波動 新東京水上警察 (講談社文庫)感想吉川さんの新シリーズ。水上警察という馴染みのない部署が舞台。タイトルからもっと渋い警察ものと思ったけど読んでみるとスピード感あふれ、ぐいぐいと引っ張られる。でも恋愛はいらないかな?次作も期待!それにしても玉虫署長、プロローグとは別人のよう。どうしちゃったの〜?読了日:03月20日 著者:吉川 英梨
神の値段 (宝島社文庫)神の値段 (宝島社文庫)感想もしかしてこのまま事件の話もなく犯人に触れることもなく終わるのでは?と思っちゃうほど、事件の話が出てこなかった。でもアートの話は新鮮で、特にオークションの場面は面白かったわ。読了日:03月17日 著者:一色 さゆり
女學生奇譚 (文芸書)女學生奇譚 (文芸書)感想怖いかな?と思ったけど物語は予想外の方向へ。これは面白かった。法医学昆虫学とはまた違った面白さ。それだけにラストのオチが残念。よくわかんなかったもんな〜。読了日:03月12日 著者:川瀬 七緒
ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)感想あ〜読み終わっちゃった。とうとう完結しちゃったけどこの最終巻が一番面白く読めた。おそらく読んだことがなくても馴染みのあるシェイクスピアがテーマだったからかな。謎も分りやすかったのかも。舞台である鎌倉に旅行中だったせいもあるかも〜?だけど。読了日:03月07日 著者:三上 延
合理的にあり得ない 上水流涼子の解明合理的にあり得ない 上水流涼子の解明感想柚月さんにしては珍しい感じの作品だったけど、面白い。元弁護士が毒を以て毒を制すっちゅう感じで。将棋の話が特に。これはこれでよかったけど、やっぱり佐方シリーズみたいなのが読みたいなぁ。読了日:03月04日 著者:柚月 裕子
情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)情熱のナポリタン―BAR追分 (ハルキ文庫)感想やはりこのシリーズはいい。まだまだ成長中の有働君のジレンマが伝わってくる。それにしても相変わらず美味しそうな食べ物ばかり。おなかが空いたときは読んじゃだめだね。柊君のメロンパン、私も食べてみたいわ。読了日:03月02日 著者:伊吹 有喜
読書メーター


あれ?読書メーターリニューアルしたら、
グラフが見つからないな〜。
ま、いっか。

3月は少し回復して7冊。
旅行へ行ったから、その移動中、読み進められた。
とうとう終了した「ビブリア」は、私は面白かったな〜。
ちょっと寂しくなっちゃったけど。

そして吉川さんの新シリーズ「新東京水上警察」が、
予想以上に面白い!
でも原麻希で新シリーズが出てたとは知らなかったから、
次はそっちも読まなくては!

そんなことより、すっかりこっちのブログがおろそかに。
4月は何とかマジメに感想をアップする!!
posted by くりきんとん99 at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック