2017年10月01日

読書メーター 9月のまとめ

9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1546
ナイス数:1239

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)感想
4代目に続き5代目の惣次もあっさりと退場。そしてまさかの智蔵登場。お家さんの後押しもあり、ここからが幸の本領発揮。だけどこれからまだまだ大変なんだろうなぁ。
読了日:09月27日 著者:高田郁
出会いなおし出会いなおし感想
やっぱり森絵都さんの短編集はいいなぁ。表題作「出会いなおし」も良かったけど、最後の「青空」がまた素敵な物語だった。「ママ」も良かった。読みやすくてあっという間に読んじゃったけど、読み終わるのが勿体なかった。
読了日:09月25日 著者:森 絵都
ひとめぼれひとめぼれ感想
気がつくともうシリーズ6作目。他の方と同様、「ひとめぼれ」というタイトルから、ようやく麻太郎に次の恋が〜?と思いきや、一葉ちゃんの初めての〜だったのね。頑張れ吉五郎。そろそろ麻太郎のいい話が読みたいな〜。
読了日:09月24日 著者:畠中 恵
まるまるの毬 (講談社文庫)まるまるの毬 (講談社文庫)感想
書店で見かけて、手にした本。初読みの西條さんだったけど、これはあたり。和菓子をテーマにした時代モノの連作短編。和菓子屋を営む治兵衛の出生の秘密がすべての鍵に。予想外の展開に驚き、少しハラハラ。最後はちょっと切なかったけど。続編を読みたいけど…出ないんだろうなぁ。西條さんの作品、また読んでみよう。
読了日:09月17日 著者:西條 奈加
翼がなくても翼がなくても感想
贅沢な脇役!事件の真相は、なんとなく見当がついていたけど、それでもラストはしんみりしちゃった。沙良のファイトと執念にミステリーものを読んでいることを忘れさせられた。
読了日:09月11日 著者:中山 七里

読書メーター



8月よりは読めたけど、5冊だけ。
やっぱり仕事で疲れて、夜すぐ寝ちゃうんだよね〜。
もっと読みたいんだけど。

気がつくと、5冊のうちの3冊が時代小説。
そして先日買ってきた文庫も3冊とも時代小説。
年齢のせいなのかな〜?面白く感じるんだよね。
posted by くりきんとん99 at 08:40| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。