2018年01月05日

読書メーター 12月のまとめ

12月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1618
ナイス数:1214

ホワイトラビットホワイトラビット感想
途中まで読んで、オリオオリオの正体を知ったときは、大混乱。そこから読む速度が一気に加速。時系列が前後しいささか混乱はしたが、さすが伊坂さん、最後まで面白く読ませてもらった。夏乃目課長がちょっと可哀想だったけど。
読了日:12月25日 著者:伊坂 幸太郎
もものかんづめ (集英社文庫)もものかんづめ (集英社文庫)感想
おそらく、3度目くらいの再読。何度読んでも笑えて癒される。やはりインパクトが大きいのは、水虫の話。水虫ではないけど、なったときは、まず試してみようと思う。
読了日:12月17日 著者:さくら ももこ
警視庁53教場 (角川文庫)警視庁53教場 (角川文庫)感想
面白かった。一人の警察学校教官が死んだ。自殺か他殺か。過去には一体どんなことがあったのか?過去と現在が交互に描かれ、どちらも引き込まれるが、過去には若かった五味たちの苦悩が。新シリーズということは、あるんだよね次が。今度は、五味と高杉の両教官が活躍?
読了日:12月15日 著者:吉川 英梨
ナラタージュ (角川文庫)ナラタージュ (角川文庫)感想
すごく久々の恋愛モノ。描写がすごく良かったけど、いや〜、嫌な奴だったっていうか、ずるい奴だったな、葉山先生。高校生だった泉が惹かれ、大学生になって再開しても尚、惹かれて行ったのは仕方がない気も。ラストにまで葉山先生が絡んでくるなんて、泉が可哀想。でもあれはあれで良かったのかな。幸せになって欲しい。
読了日:12月11日 著者:島本 理生
欺きの童霊 溝猫長屋 祠之怪欺きの童霊 溝猫長屋 祠之怪感想
シリーズ3作目。今回は、やたらとテンポよくというか、中途半端な感じで次々と幽霊登場でまさかの2巡。でもそんな理由で2巡していたとは!むやみに悪口を言っちゃダメだよ。お多恵ちゃんとお紺ちゃんには。続編は後1回くらいかな?寂しくなるな〜。
読了日:12月10日 著者:輪渡 颯介

読書メーター



5冊しか読めなかった12月。
やっぱり仕事で疲れて、
本を読み始めるとすぐに寝ちゃうっていうのが
大きな原因かな〜。

年間では、70冊しか読めなかった。
今年こそ!三桁読みたいんだけど。
posted by くりきんとん99 at 05:49| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。