2018年02月22日

読書メーター 1月のまとめ

1月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1542
ナイス数:1345

雪の鉄樹 (光文社文庫)雪の鉄樹 (光文社文庫)感想
重い。重いけどページを繰る手を止められない。雅雪の過去に一体何があったのか。遼平の両親を殺したのは一体誰だったのか。雅雪の父は一体…。だんだんと明らかになる過去。そして現在。久々に読み応えのある作品。初めて読んだ遠田さんだけど、ほかの作品を読まねば!
読了日:01月23日 著者:遠田 潤子
ファミリーデイズファミリーデイズ感想
いつも優しい作品を生み出している瀬尾さんの子育てエッセイ。マイペースなご主人とおてんばなお子さんに思わず笑いながら読んでしまった。あの「君が夏を〜」は、お嬢様がモデルだったのね。
読了日:01月22日 著者:瀬尾 まいこ
ぶたぶたラジオ (光文社文庫)ぶたぶたラジオ (光文社文庫)感想
いるだけで周りの人を癒してしまうぶたぶたさんが、今度は、ラジオで悩みを聞いてくれる。その名も「ぶたぶたさんにきいてみよう」。このラジオコーナー、ぜひとも聞いて見たい。そしてハガキを出したいわ。
読了日:01月16日 著者:矢崎 存美
たゆたえども沈まずたゆたえども沈まず感想
久々に読むマハさん。予想以上に重くすっかり時間がかかってしまった。「ひまわり」と自画像でくらいしか知らなかったゴッホ。そのゴッホが日本の浮世絵に影響されていたことに驚き。そしてゴッホを弟のテオと2人の日本人が支えていたとは。ゴッホの作品をまた違った気持ちで見ることができるようになりそう。読み応えのある物語だった。
読了日:01月15日 著者:原田 マハ
ころころ手鞠ずし―居酒屋ぜんや (時代小説文庫)ころころ手鞠ずし―居酒屋ぜんや (時代小説文庫)感想
シリーズ三作目。だんだんと物語がきな臭くなってきたような。又三が殺され、駄染屋が捕まったのはいいけれど、その後ろにいるらしい佐々木様の思惑は一体なんなのか?そして只二郎とお妙の関係は?お妙の亡くなった夫は、殺されたのか?う〜ん、続きがきになる。
読了日:01月06日 著者:坂井 希久子

読書メーター



年明け早々、これしか読めなかった1月。
それでも初読みの遠田さんの作品は、
読み応えありで、収穫あり。
また読みたい作家さん。
posted by くりきんとん99 at 05:41| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。