2018年05月03日

読書メーター 4月のまとめ

4月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:2251
ナイス数:1460

刑事の怒り刑事の怒り感想
夏目シリーズ4作目は、連作短編。どの事件も色々と考えさせられることがあり、そして表題作は、夏目刑事の怒りが読んでいる私にまで伝わってくる。目は覚ましたけど、今後の絵美ちゃんはどうなるのか?本上刑事も気になる。まだまだ続きそうな予感。
読了日:04月29日 著者:薬丸 岳
キラキラ共和国キラキラ共和国感想
前作を読んだのは、鎌倉旅行とドラマを見た後。おかげでしっかりと読みながら情景をイメージができ、今作でもすごく楽しめた。ミツローさんとQPちゃんと家族になったポッポちゃん。そこへ色々な事情を抱えた人たちが、代書を依頼しにツバキ文具店を訪れる。ポッポちゃんは、なぜこんなに素敵な手紙を書くことができるのか?続編あるのかな?レディ・ババも今後どうなるか気になるし、男爵のこの後も…。
読了日:04月26日 著者:小川 糸
花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋こよみ花ひいらぎの街角 紅雲町珈琲屋こよみ感想
気がつくともうシリーズ6作目。今回も草さんの思いから真実が明らかになって行く。久実ちゃんは、幸せになってほしいけど、今回は縁がなかったのかな?昔の草さんたちの思い出話。楽しかった。
読了日:04月19日 著者:吉永 南央
木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)木洩れ日に泳ぐ魚 (文春文庫)感想
一応ミステリーになるのかな?とても恩田さんらしい作品で恩田さんを堪能。二人の心理戦に夢中になって読んだ。結局、あの男の死はなんだったのか?二人の今までは一体?この読後のもやっと感も恩田さんらしい。
読了日:04月17日 著者:恩田 陸
つるかめ助産院 (集英社文庫)つるかめ助産院 (集英社文庫)感想
優しい気持ちになる物語。つるかめ助産院にたどり着くことができたまりあ。そしてそこで出産できたまりあは、きっと幸せになる。子供と小野寺くんと。戻ってきた小野寺くん。どうして戻ってきたの?そもそもなんでいなくなったの?気になるわ〜。
読了日:04月09日 著者:小川 糸
あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 (時代小説文庫)あきない世傳 金と銀(五) 転流篇 (時代小説文庫)感想
智蔵の嫁となり、順風満帆な幸…と思いきや、やはり幸の身には辛い出来事が。それにも負けず商売へと打ち込む幸。そして目指すは江戸。そうか、だから江戸なのか!それにしても智ぼんさん、そんな終わり方しないでおくれっ!!
読了日:04月06日 著者:田郁
インフルエンスインフルエンス感想
これは何?読みやすくて先も気になって一気読み。それなのに読後はスッキリせず。重い物語だった。この3人のつながりは、一体なんだったのか。決して友情ではなく、罪悪感から?それとも嫉妬や独占欲から?あ〜スッキリしない。でも確かに面白かったわ。
読了日:04月02日 著者:近藤 史恵
逃亡刑事逃亡刑事感想
久々にスピード感のある中山七里さんの作品。スリルもありで楽しめた。御子柴弁護士の名前が出た時には、登場する?と期待しちゃったけど、名前が出ただけだったな〜。猛は8歳とは思えない賢さ。どんな大人になるのやら。そのまま育って〜。
読了日:04月02日 著者:中山 七里

読書メーター



久々に8冊読了できた4月。
やはり名古屋への往復が効いたのか。

4月は特に「ツバキ文具店」の続編、
「キラキラ共和国」が良かった。
それと「刑事の怒り」ね。
「木漏れ日の〜」では、恩田ワールドを堪能。
あとは感想をブログにアップできればいいんだけど。
なかなかね〜。

ゴールデンウィークのある5月こそ、
なんとか二桁いきたいところだけど、
睡魔に負けちゃうんだよな〜。
posted by くりきんとん99 at 04:40| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。