2018年06月17日

『黄金の烏 八咫烏シリーズ3』 阿部智里

黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫)
黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫)
〜17日。

シリーズ3作目。

人間の代わりに「八咫烏」の一族が住まう世界「山内」で、
仙人蓋と呼ばれる危険な薬の被害が報告された。
その薬を飲むと烏になったまま人形に戻れないという。

その行方を追って旅に出た日嗣の御子たる若宮と、
彼について行くことになった雪哉は、最北の地で村人たちを襲い、
喰らい尽くした大猿を発見する。

生存者は、小梅と名乗る少女ただ一人。
小梅から話を聞き出した雪哉だったが、
何かを隠していると感じ、信用することができなかった。

今回もあっという間に八咫烏の世界に引き込まれた。
大猿との戦い。
そして大猿がどこから山内へと侵入したのか、
その謎を解明するために地下街へ向かうことになった雪哉。
そこでのことは、ほんとに息をつかせぬ展開。

さらに今作では、真の金烏とは、
一体どんな存在なのかが明らかになる。

結局、再び若宮と共に動くことになった雪哉。
雪哉は最後の重大な決意をする。

これはさらに今後が気になる!
なぜ今までこのシリーズを読まなかったんだろう〜っ。
posted by くりきんとん99 at 20:40| Comment(0) | その他の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。