2018年07月03日

読書メーター 6月のまとめ

6月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1837
ナイス数:1374

樽とタタン樽とタタン感想
放課後、喫茶店へ預けられ、タタンとあだ名をつけられた私の思い出話。常連客たちとのやりとりが、ほのぼのしたり、どきっとしたり。その常連客がまた個性的で面白い。もっとずっと読んでいたかったけど…。これは本当の話なの?聞いちゃダメなんだよね〜。
読了日:06月27日 著者:中島 京子
いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記) (創元推理文庫)いつもが消えた日 (お蔦さんの神楽坂日記) (創元推理文庫)感想
シリーズ2作目は長編。そして前作と違いかなり内容が重い。後輩の家族が大量の血痕を残して消えた。一体何が起こり、家族はどこへ行ったのか?消えた家族は、被害者なのか、加害者なのか。最後まで分からなくて、残された有斗が可哀想で〜。でもお蔦さんは、何が起きていたか想像がついていた。そんな中で有斗を支えていたのは、望と望の料理。いいな〜こういう男子がそばにいたら。最後は、ちょっとウルっときたわ。続編も期待。
読了日:06月24日 著者:西條 奈加
黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫)黄金の烏 八咫烏シリーズ 3 (文春文庫)感想
シリーズ3作目も一気に八咫烏の世界に引き込まれる。今回は、謎の薬から大猿、地下街との関係。さらに真の金烏とはなんなのか〜と、盛りだくさんの内容で、さらに雪哉が予想外の決断を。これはまた続きがきにあるわ。
読了日:06月17日 著者:阿部 智里
スイート・ホームスイート・ホーム感想
すごく優しいほんわかとした連作短編集。ほのぼのとした気持ちになり、最後はちょっとウルっときてしまった。たまにはこういうのもいいね。
読了日:06月12日 著者:原田 マハ
無花果の実のなるころに (お蔦さんの神楽坂日記) (創元推理文庫)無花果の実のなるころに (お蔦さんの神楽坂日記) (創元推理文庫)感想
最近お気に入りの西條奈加さん。現代物を読むの初めてで、どうなのかな〜と思ったけど、予想以上に面白い。お蔦さんはカッコいい。そして望くんの料理も美味しそう。続編も期待大。
読了日:06月10日 著者:西條 奈加
烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫)烏は主を選ばない 八咫烏シリーズ 2 (文春文庫)感想
シリーズ2作目も面白かった。1作目以上に。1作目ではわからなかった若宮の人柄もわかり、さらにあの時、一体何が起こっていたのかよくわかる。1作目を読んだら、2作目も読まないとダメだわ。そして雪哉はいいね〜。今後の雪哉がとっても楽しみ。
読了日:06月05日 著者:阿部 智里

読書メーター



6月はあまり読めなかったけど、
お蔦さんのシリーズと八咫烏シリーズが面白かった。

もっとたくさん読みたいんだけど、
やっぱり寝落ちしちゃうんだよなぁ。
posted by くりきんとん99 at 19:05| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。