2019年01月07日

読書メーター 12月のまとめ

12月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1751
ナイス数:1273

編集者ぶたぶた (光文社文庫)編集者ぶたぶた (光文社文庫)感想
今度のぶたぶたさんは、編集者。そして相変わらずあちこちで驚かれ、そして癒しているぶたぶたさん。文壇カフェは、行ってみたい!
読了日:12月31日 著者:矢崎 存美
ジーヴズの事件簿―才智縦横の巻 (文春文庫)ジーヴズの事件簿―才智縦横の巻 (文春文庫)感想
皇后さまが退位後に読むというので話題になったジーヴズ。どんな感じ?と手に取ってみたけど、なんとも軽快というか、軽妙というか。ちょっと皮肉が効いていて面白い。こんな執事がいたら…いいような、悪いような?
読了日:12月26日 著者:P.G. ウッドハウス
海とジイ海とジイ感想
藤岡さんらしい3人のジイの物語。そしてこの3人のジイは、繋がっていた。どの物語も胸にしみ、そして光が差す。それぞれのその後が知りたい。
読了日:12月21日 著者:藤岡 陽子
TAS 特別師弟捜査員 (単行本)TAS 特別師弟捜査員 (単行本)感想
学園ミステリー。でも慎也の青春モノって感じ。事件をきっかけに演劇部に入部することになる慎也。でも演劇の脚本を書くという仕事に目覚めていく。事件が絡むのが勿体無い。このあと慎也は、どうなっちゃうんだろう。おそらく廃部だろうし。面白かったけど切ないな。
読了日:12月16日 著者:中山 七里
愛なき世界 (単行本)愛なき世界 (単行本)感想
T大大学院で研究に勤しむ本村。研究の件ではなんども落ちそうになり中々進まなかったけど、「舟を編む」を思い出す面白さ。「愛なき世界」は、愛に溢れた世界だった。松田の私生活が気になる。これを読んで、ちょっと多肉植物を買いたくなった。
読了日:12月13日 著者:三浦 しをん
つるつる鮎そうめん 居酒屋ぜんや (時代小説文庫)つるつる鮎そうめん 居酒屋ぜんや (時代小説文庫)感想
シリーズ5作目にして、一番面白かったかも!今までの謎がさらに深まった感もあるけど、お妙の亡き父と亡き夫の死が大きく絡んできた。そして近江屋は一体・・・?そこに重蔵がどう絡むのか・・・?続きが気になる!
読了日:12月02日 著者:坂井希久子

読書メーター



6冊のうち3冊がシリーズ物。
ジーヴスは初読みだけど。
これ、もしかして美智子さまは原書で読んでるのかも?
「愛なき世界」は読むのに10日ほどかかったけど、
読み応えがあって面白かった。

2018年は全部で73冊読了。
2019年はなんとか3桁読みたいところだけど、
どうなるかな〜?
posted by くりきんとん99 at 05:37| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。