2019年03月01日

読書メーター 2月のまとめ

2月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:2029
ナイス数:1433

沈黙のパレード沈黙のパレード感想
久しぶりのガリレオシリーズ長編。驚くようなトリックはなかったものの安定した面白さ。この人が犯人にしては、動機がいまいち弱いような〜と思っていたら、なるほど!そんな真実が!と思ったところでまた、どんでん返し。「容疑者X」を思い出したが、やっぱりあっちの方がすごかったかな。まさか湯川さんが、教授になっているとは思わなかったな〜。時は流れていたのね。
読了日:02月24日 著者:東野 圭吾
剣客商売 一 剣客商売 (新潮文庫)剣客商売 一 剣客商売 (新潮文庫)感想
BSフジでやっているドラマを観て原作は〜と読んでみた。初めての池波正太郎さんは、想像していたより読みやすく面白い。今までよくわからなかった背景も描かれて、ドラマがさらに面白く見ることができそう。
読了日:02月18日 著者:池波 正太郎
ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~ (メディアワークス文庫)ちどり亭にようこそ ~京都の小さなお弁当屋さん~ (メディアワークス文庫)感想
本屋さんでなんとなく手にしたけど、予想以上に面白かったわ。舞台が京都でお嬢様でお弁当屋さんっていうのが面白い。最近こういう設定のは、多い気がするけど。ほんわかとした話で。登場人物たちは、優しくて。食べ物のうんちくも楽しめる。
読了日:02月11日 著者:十三湊
作りかけの明日作りかけの明日感想
思念をエネルギーにしている世界。そして色々な作品にリンクしていて三崎さんの世界観を十分に堪能。それでもちょっと切ない終わり方。
読了日:02月10日 著者:三崎亜記
ののはな通信ののはな通信感想
何故これが本屋大賞ノミネートを逃す?やはり同性愛の小説っぽいから?でも読んだ人なら違うということがよく分かる。高校時代から何度か絶えながらも続く書簡。そこにはののとはなの生き生きとした姿と二人の想いが。きっとはなは生きていてまたののと書簡のやり取りを再開する。そしてそのやりとりはずっと続くはず。それをまた読みたい。
読了日:02月03日 著者:三浦 しをん

読書メーター



あれま、5冊しか読んでなかったか。
それでもそのうちの3冊は、
400ページを超えていたからな。

どれも面白かったわ〜。

2月は、「ちどり亭〜」、「剣客商売」と
シリーズものにも新たに手を出し。
こちらは、期待していたより面白い。

3月こそ、もっと本を読む!と
いつも思うんだけど〜。

なんとか、まとめ以外にも更新したいし。
posted by くりきんとん99 at 05:09| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。