2016年10月30日

『手のひらの音符』 藤岡陽子

手のひらの音符 (新潮文庫) -
手のひらの音符 (新潮文庫) -
28〜30日。

すっかりお気に入りになった藤岡さん。
最初は、作者が看護師になってるし
作品は医療関係ばかり?と思ったが、どれも違う。

デザイナーの水樹は、
自社が服飾業から撤退することを知らされる。
45歳独身、何より愛してきた仕事なのに……。

途方に暮れる水樹のもとに中高の同級生・憲吾から、
恩師の入院を知らせる電話が。
お見舞いへと帰省する最中、懐かしい記憶が甦る。
幼馴染の三兄弟、とりわけ、思い合っていた信也のこと。

作者が私と同い年だからだろうけど、
主人公が、同世代のことが多く、感情移入もしやすい。
それも今回は、45歳の独身。

水樹が思い出す過去は、心が温まるものもあれば、
辛くなるものも。
全体的には、辛くなるものが多いような気がするが、
だからこそ、今の水樹があるんだろう。

過去の回想を読むと水樹が出会った人に恵まれ
そしてその人たちの想いを大切にしてきたことが伺える。
過去に無駄なことは無いんだと再認識させられる。

今のところ、外れナシの藤岡さん。
次も楽しみ♪
posted by くりきんとん99 at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

『アンと青春』 坂木司

アンと青春 -
アンと青春 -
18〜19日。

あのアンちゃんの続編。

デパ地下の和菓子屋さん「みつ屋」。
アルバイト店員のアンちゃんの成長物語。
今作は2作目なんだけど、
今回も連作短編となっていて、
和菓子に隠されたちょっとした謎を
アンちゃんはじめ、美人の椿店長、
イケメンだけど乙女の立花君、
元ヤンで人妻、そして大学生の桜井さんが解いていく。

今回は、な、なんとアンちゃんに
ちょっと浮いた話が!
そして乙女の立花君が!!

でもちょっと辛い思いもしちゃうアンちゃん。
まさに青春!?

この終わり方だったら、また続編があるのかな?
だって、立花君がなんとも…意味深。
posted by くりきんとん99 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

『読んだら忘れない読書術』 樺沢紫苑

読んだら忘れない読書術 -
読んだら忘れない読書術 -
13〜16日。

読んだ本を読んだ端から忘れてしまう私には、
これは、ぴったりの本では!?と思って図書館から借りた。

正直、期待外れだね〜。

書かれているのは、著者が本を出している話、
スキマ時間で本を読む話、
おかげで年間300冊の本を読んでいる話などなど。

確かに忘れない読書術もあったけど〜。
1週間に3回、アウトプットするっていうやつ。
Fecebookの活用とかブログの活用で。
だったらやってるし〜。

でもKindleの話はちょっと良かったかな。
通勤電車(乗ってないけど)で、本だとめくれないから、
電子書籍がオススメとか、場所をとらないとかね。
基本、紙の本のほうが大好きなんだけど、
Kindleだったら、マークもできるらしいし、
意外とありかも?と思って只今Amazonを観て思案中。
posted by くりきんとん99 at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする