2017年10月01日

読書メーター 9月のまとめ

9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1546
ナイス数:1239

あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)あきない世傳 金と銀(四) 貫流篇 (時代小説文庫)感想
4代目に続き5代目の惣次もあっさりと退場。そしてまさかの智蔵登場。お家さんの後押しもあり、ここからが幸の本領発揮。だけどこれからまだまだ大変なんだろうなぁ。
読了日:09月27日 著者:高田郁
出会いなおし出会いなおし感想
やっぱり森絵都さんの短編集はいいなぁ。表題作「出会いなおし」も良かったけど、最後の「青空」がまた素敵な物語だった。「ママ」も良かった。読みやすくてあっという間に読んじゃったけど、読み終わるのが勿体なかった。
読了日:09月25日 著者:森 絵都
ひとめぼれひとめぼれ感想
気がつくともうシリーズ6作目。他の方と同様、「ひとめぼれ」というタイトルから、ようやく麻太郎に次の恋が〜?と思いきや、一葉ちゃんの初めての〜だったのね。頑張れ吉五郎。そろそろ麻太郎のいい話が読みたいな〜。
読了日:09月24日 著者:畠中 恵
まるまるの毬 (講談社文庫)まるまるの毬 (講談社文庫)感想
書店で見かけて、手にした本。初読みの西條さんだったけど、これはあたり。和菓子をテーマにした時代モノの連作短編。和菓子屋を営む治兵衛の出生の秘密がすべての鍵に。予想外の展開に驚き、少しハラハラ。最後はちょっと切なかったけど。続編を読みたいけど…出ないんだろうなぁ。西條さんの作品、また読んでみよう。
読了日:09月17日 著者:西條 奈加
翼がなくても翼がなくても感想
贅沢な脇役!事件の真相は、なんとなく見当がついていたけど、それでもラストはしんみりしちゃった。沙良のファイトと執念にミステリーものを読んでいることを忘れさせられた。
読了日:09月11日 著者:中山 七里

読書メーター



8月よりは読めたけど、5冊だけ。
やっぱり仕事で疲れて、夜すぐ寝ちゃうんだよね〜。
もっと読みたいんだけど。

気がつくと、5冊のうちの3冊が時代小説。
そして先日買ってきた文庫も3冊とも時代小説。
年齢のせいなのかな〜?面白く感じるんだよね。
posted by くりきんとん99 at 08:40| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

読書メーター 8月のまとめ

8月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1038
ナイス数:1232

横濱エトランゼ横濱エトランゼ感想
横浜には2年連続で観光に行ってたおかげで想像しやすかったけど、期待しすぎだったのか物足りなさを感じてしまった。
読了日:08月20日 著者:大崎 梢
BUTTERBUTTER感想
直木賞候補になった今作は、読み応えがあり、読み切るのにすっかり時間がかかった。タイトル「BUTTER」の通り濃厚。収監されていながらも尚、たくさんの人に影響を与えていくカジマナ。最初は怖かったけど哀れにも。それにしても疲れた。
読了日:08月15日 著者:柚木 麻子
ラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴンラブ・ミー・テンダー 東京バンドワゴン感想
シリーズ最新作は、スピンオフの長編。待ちに待っていた我南人と秋実さんの馴れ初めの物語。決め台詞の「LOVEだねぇ」は、こうして生まれた!また勘一とサチさんの馴れ初めを読みたくなっちゃった。
読了日:08月03日 著者:小路 幸也

読書メーター



8月はまさかの3冊。
まあ資格試験があったということで。

9月はなんとか二桁!と行きたかったけど、
ちょっと無理そう。

3冊しか読めなかったけど、
なかなかに濃厚な本を読めたわ。
posted by くりきんとん99 at 19:13| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

読書メーター 7月のまとめ

7月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1553
ナイス数:1311

桜風堂ものがたり桜風堂ものがたり感想
初読み作家さん。本屋さんを舞台にしたほのぼのとした物語と思いきや、切なくそして優しい物語だった。ちょっと上手くいきすぎ感はあるけど。どうせなら、もっともっと幸せになっていく一整くんを見たかったわ。
読了日:07月31日 著者:村山 早紀
家電の神様 (講談社文庫)家電の神様 (講談社文庫)感想
初読みの作家さん。面白かったし読みやすかったけど、こんなに上手くいく?厚さのわりには、物足りない感じ。
読了日:07月19日 著者:江上 剛
むすびや (双葉文庫)むすびや (双葉文庫)感想
就活に失敗し、実家のおむすびやさん「むすびや」を手伝い始めた結。結の成長物語かと思いきや、案外そうでもなく、「むすびや」にかかわる人たちの物語。若干物足りなさを感じるほど全体的にあっさりとしている。でもこのこだわりのおむすび、食べたくなるわ。
読了日:07月13日 著者:穂高 明
優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪優しき悪霊 溝猫長屋 祠之怪感想
やはり面白いこのシリーズ。この面白さは、キャラが個性的だからかな?幽霊を順番に感じてしまう懲りない子どもたちに弥之助親分、自称箱入り娘のお紺ちゃんに超ドSの蓮十郎先生。そして今回は、新たなキャラ「ち○こ切りの竜」…。それにしてもラストの漣十郎先生は、怖すぎるでしょう。いや、面白かったけど。
読了日:07月09日 著者:輪渡 颯介
秋山善吉工務店秋山善吉工務店感想
善吉さんのキャラがすっごくよかった。これ、シリーズになるのでは?と期待しながら読んだけど、なんだよこの終わり方。面白かったけど、こんな退場の仕方って…泣けちゃったわ。
読了日:07月03日 著者:中山 七里

読書メーター



7月もあまり読めなかった1か月。
それでも濃厚だったかな?

お気に入りの「溝猫長屋」シリーズは
安定した面白さ。
「桜風堂ものがたり」は、サクサクとは
読み進められなかったけど、心に染み入る感じで。

8月は試験を控えてるから、
あんまり読めないかも?だけど
気分転換にも読書は必要だよね〜♪
posted by くりきんとん99 at 06:07| Comment(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする