2017年02月01日

読書メーター 1月のまとめ

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2279ページ
ナイス数:727ナイス

まひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみまひるまの星 紅雲町珈琲屋こよみ感想
このシリーズも気が付くと5作目。今作でもお草さんの真っ直ぐさに読む側も気持ちが引き締まる。今回は、山車蔵移転の話から、思いもよらない物騒な話に。最後にお草さんが贈った傘、どんなふうになったのか、見てみたいわ。
読了日:1月28日 著者:吉永南央
日本健康マスター検定 公式テキスト―ベーシック・コース エキスパート・コース日本健康マスター検定 公式テキスト―ベーシック・コース エキスパート・コース感想
来月の検定のために読んだ。健康であるための基本的なことが書かれているけど、知らないこともたくさん。あと2回くらいは読まなくちゃなぁ〜。
読了日:1月23日 著者:
八月は冷たい城 (ミステリーランド)八月は冷たい城 (ミステリーランド)感想
『七月〜』と対になった今作。こっちの方が怖かったわ。光彦の恐怖心がじわじわと伝わってきた。でも少年らしくて微笑ましくもあったかな。可哀相だったけどね。
読了日:1月22日 著者:恩田陸,酒井駒子
七月に流れる花 (ミステリーランド)七月に流れる花 (ミステリーランド)感想
謎だらけの夏の城にみどりおとこ。読みやすいながらも恩田ワールドを堪能。もやっと終わらなくてよかったわ。では8月へ。
読了日:1月21日 著者:恩田陸,酒井駒子
吾輩も猫である (新潮文庫)吾輩も猫である (新潮文庫)感想
「吾輩は猫である」を読んだことないし、猫が特別好きなわけじゃないけど、そんな私でも十分に楽しめた猫免染で描かれたアンソロジー。荻原さんにはびっくりだったけど。お初の作家さんの山内マリコさんは、予想以上に面白くほかの作品も読んでみたい。
読了日:1月17日 著者:赤川次郎,新井素子,石田衣良,荻原浩,恩田陸,原田マハ,村山由佳,山内マリコ
居酒屋ぶたぶた (光文社文庫)居酒屋ぶたぶた (光文社文庫)感想
いろんなことに疲れてくるとぶたぶたさんが癒してくれる。今年も年明け早々癒してもらっちゃった。確かに公園のベンチにぶたぶたさんが座っていたら、誘拐しちゃうかも。いや、やっぱり遠くからぶたぶたさんを眺めた方がいいかな?あ、それだと話とか聞いてもらえないから、やっぱりワインバーとかがいいか。
読了日:1月14日 著者:矢崎存美
花咲小路三丁目のナイト花咲小路三丁目のナイト感想
やっぱりいいなぁ、この花咲小路シリーズ。今回は、深夜営業の喫茶ナイトが舞台。破天荒な仁太さんの思考回路がすごい。もっとこの喫茶ナイト、やってて欲しかったなぁ。あ、花乃子さんの巻、読んでなかった(汗)
読了日:1月10日 著者:小路幸也
三鬼 三島屋変調百物語四之続三鬼 三島屋変調百物語四之続感想
2017年の1冊目は読みごたえのあるこのシリーズ。でもこれが1冊目でよかった。黒白の間の澄んだ空気まで感じられ新年にぴったり。おちかの別れと新しい出会い、そして新しい一歩。次作が待ち遠しい。
読了日:1月8日 著者:宮部みゆき

読書メーター

matome_gimage_87122_2.jpg


頑張って8冊。
なかなか読み進められないわ。
おまけにこのブログに感想を乗せるところまでいかない。

恩田陸さんの2作、恩田さんらしく面白かった。
もやっとしなかったし。
それから久しぶりのお草さんも。
お草さんの雰囲気がいいんだよね。

2月はかなり厳しく、10日を過ぎてようやく1冊。
5冊くらいは読みたいわ〜。
posted by くりきんとん99 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

読書メーター 12月のまとめ

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1481ページ
ナイス数:450ナイス

セイレーンの懺悔セイレーンの懺悔感想
報道する側から描かれたミステリー。スクープのために起こる誤報。誤報から起きる悲劇。そして真実は…。相変わらず読みやすくテンポがいい。でもラストの宮藤刑事は…なに?
読了日:12月31日 著者:中山七里
本バスめぐりん。本バスめぐりん。感想
大崎さんらしい優しいミステリー。移動図書館が舞台ということでちょっと新鮮。ウメちゃんとテルさんが行く先々で出会う人々とのやり取りが、気持ちを暖かくさせる。
読了日:12月24日 著者:大崎梢
溝猫長屋 祠之怪溝猫長屋 祠之怪感想
怖いのが苦手な私でも読むことができる輪渡さん。今作も怖いけど面白い。「嗅ぐ」「聴く」「視る」を感じるようになった4人の悪ガキ。一人だけそれらを感じなかったのには、そんなわけがあったとは!やっぱり悪さをすると罰が当たるってことだよね。今後も長屋に残るらしい4人…ってことは、もちろんシリーズ化でしょう?次も楽しみ〜♪
読了日:12月18日 著者:輪渡颯介
クローバーナイトクローバーナイト感想
辻村さんの作品にしてはあっさり目な印象。実際、子育てをしている辻村さんにとって身近な問題ばかりなのでは?それにしては、志保の母親がちょっと怖かったけど。そして夫の裕は、辻村さんにとって理想の旦那だったりして。
読了日:12月14日 著者:辻村深月
夜叉桜夜叉桜感想
シリーズ2作目。捻くれ者の同心の信次郎と岡っ引きの伊佐治も息があってきたようで、読んでいても前作ほど信次郎の発言に嫌悪を感じなくなった。が、前作同様に切なくやりきれない物語。そしてもう出てこないだろうと思っていた遠野屋が再び強く事件に絡み物語をさらに深いものにしている。次も楽しみなシリーズ。
読了日:12月4日 著者:あさのあつこ

読書メーター
matome_gimage_87122_2 (1).jpg


2016年最後の月は、6冊しか読めなかった。
それもブログには1冊しか更新ができなかった。

2017年は、そんなことが無いように。
冊数はともかく、ブログには載せよう!

この月は、輪渡さんの新シリーズの登場。
面白かったし、続きも楽しみ。
声が一番面白かったかな?
posted by くりきんとん99 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

読書メーター 11月のまとめ

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1850ページ
ナイス数:690ナイス

のうだま2 記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ! (幻冬舎文庫)のうだま2 記憶力が年齢とともに衰えるなんてウソ! (幻冬舎文庫)感想
トメさん、ガヤさん、ありがとう!!今まで物覚えが悪いのを年齢のせいにしていた自分が恥ずかしい。
読了日:11月26日 著者:上大岡トメ,池谷裕二
ホイッスル (光文社文庫)ホイッスル (光文社文庫)感想
普通に生活していた聡子に突然襲った不幸。あまりにも酷い仕打ちに読み進めるのが辛いほど。でもその聡子を支える娘と姪。そして芳川弁護士と沢井さん。聡子が人に恵まれていてよかった。それにしても夫の章と不倫相手の和恵が酷すぎる。あんな酷いことをしておいて少しの罪悪感もないんだから。でも「テミスの休息」の二人にここで出会えたのは、得した気分。
読了日:11月24日 著者:藤岡陽子
メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官メビウスの守護者 法医昆虫学捜査官感想
期待を破らないこのシリーズ。今作は読み進めるほどに謎が深まり、読み進めるほどにページを繰るスピードが増していく。ちづるはきっと無関係ではないと思いながら読んだけど、まさかの真相に恐怖。そしてその香りが世界に広がっていくとは…。恐ろしいというかおぞましいというか。
読了日:11月20日 著者:川瀬七緒
慈雨慈雨感想
やっぱり柚月さんの作品はいい。神場の人間としての葛藤、刑事としての葛藤が感じられた。16年も苦しんでいたなんて。その神場を慕う緒方の緊張感が読んでいても伝わってくる。最後は…どうなったんだろう?やっぱり16年前の事件は…だったのか?
読了日:11月14日 著者:柚月裕子
恋のゴンドラ恋のゴンドラ感想
とあるスキー場を舞台にした連作短編集。タイトルに「恋の〜」とついているだけあって軽いタッチで読める恋愛もの。それにしてもしょっぱなんから怖すぎっ。そしてまさかのラストは…。バカすぎでしょ、光太。そして桃実が可哀相すぎ。日田君と上手くいってほしいな。
読了日:11月8日 著者:東野圭吾
弥勒の月 (光文社時代小説文庫)弥勒の月 (光文社時代小説文庫)感想
『風を縫う』がちょっと物足りなかったけど、これは面白い。おりんや清之助の想いが切なく、やりきれない。信次郎のキャラが複雑っ!それを伊佐治が補っているんだろうけど…。次も読むっ!
読了日:11月4日 著者:あさのあつこ

読書メーター

matome_gimage_87122_2.jpg


10月とは大違いで6冊。
おまけにブログに感想を書けてないっ!
辛うじて読メだけ〜っ。
10月のはおいおい書くつもりだけど、
12月からは、きっちり書く!!

10月は、少なかったけど濃厚だった。
「弥勒」シリーズ1作目の「弥勒の月」に
「慈雨」、「メビウスの守護者」だもんね。

12月は、何冊読めるのかな?
でもまた忙しそうなんだよな〜。
posted by くりきんとん99 at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする