2016年07月01日

読書メーター 6月のまとめ

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1894ページ
ナイス数:609ナイス

いつまでも白い羽根 (光文社文庫)いつまでも白い羽根 (光文社文庫)感想
「テミスの休息」が良かったから、ほかの作品も読みたくなってまずはデビュー作を。これがデビュー作とは。最初は辞めるつもりだった瑠美が千夏という親友を得、看護師という仕事を目指していく。そのまっすぐな姿が読んでいても気持ちがいい。作者が看護師の資格を持っているだけに看護師の仕事の厳しさが良く伝わる。瑠美は忙しい仕事の中でも自分を見失わずいい看護師になるに違いない。
読了日:6月22日 著者:藤岡陽子
東京すみっこごはん 雷親父とオムライス (光文社文庫)東京すみっこごはん 雷親父とオムライス (光文社文庫)感想
2作目のすみっこごはんも良かった。良かっただけに読み終わるのがすごく残念だった。最初は苦手だった有村さんの話で泣け、田上さんの話でハラハラし、そして最後にはやはりホッコリ。早く続きが読みたい。これのレシピ集、切望!
読了日:6月16日 著者:成田名璃子
株価暴落 (文春文庫)株価暴落 (文春文庫)感想
いつもの池井戸さんの金融モノにミステリー要素がプラスされた感じ。それなりにスリルもあったけど、ちょっと読んでいて疲れちゃった。面白かったけどね。犯人の動機がややこしかったなぁ。
読了日:6月12日 著者:池井戸潤
テミスの休息テミスの休息感想
藤岡さんははじめましての作家さんだけど、すごく良かったぁ。依頼人それぞれに誠実に向かい合う弁護士の芳川と事務員の涼子の姿がいい。それにほっこりしたり、ホロりときたり。読後感ももちろんいいし。これは、ほかの作品も読まねば!
読了日:6月10日 著者:藤岡陽子
夢の猫 古道具屋 皆塵堂夢の猫 古道具屋 皆塵堂感想
お気に入りのこのシリーズもとうとう完結。久々に皆塵堂に居候したことのある面々も登場し、読んでいて面白かったけど、すごい勢いで通り過ぎたって感じ。あ〜、このシリーズもっと読んでいたかったなぁ。
読了日:6月6日 著者:輪渡颯介
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード  東京バンドワゴンザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード 東京バンドワゴン感想
11作目のこのシリーズ。私が読み始めたのは7年前くらいだけど、すでにこのシリーズを見ると春だなぁと感じてしまう。今作も安定した面白さで子供たちの成長を読むのも楽しい。医大生になった花陽ちゃんを次作で読めるかな?と思ったけど順番では次は番外編かな?
読了日:6月4日 著者:小路幸也

読書メーター

matome_gimage_87122_2.jpg


6月は、まさかの6冊。
旅行へ行って帰ってくるまでは順調だったんだけど、
帰ってきたとたん、疲れもあってほとんど進まず。

それでも濃厚な6冊。
藤岡陽子さんを初めて読んで、
デビュー作の「いつまでも白い羽根」を。
それがまた良かったんだよなぁ。

新しい作家さんを知ったけど、
残念だったのは、皆塵堂が終わっちゃったこと。
早く次のシリーズ、出してくれるといいなぁ。
posted by くりきんとん99 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月02日

読書メーター 5月のまとめ

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2823ページ
ナイス数:976ナイス

東京すみっこごはん (光文社文庫)東京すみっこごはん (光文社文庫)感想
心温まる連作短編集。老若男女が集まる不思議な場所。そしてこの場所で、それぞれがいろんな形のチカラをためる。こんなところが我が家の近くにもあればいいのに。
読了日:5月28日 著者:成田名璃子
この闇と光 (角川文庫)この闇と光 (角川文庫)感想
これは面白かった。前半、少しずつ違和感を感じながら読み、後半、その違和感が一気に衝撃とともに解決。さらに二転三転する物語。すっかりやられた。58歳で亡くなられたこの作家の作品は少ないけれど、他も読んでみよう。
読了日:5月24日 著者:服部まゆみ
午後二時の証言者たち午後二時の証言者たち感想
読メで知ったこの作品。初読みの作家さんだったけど、すごかった。章ごとに視点が変わり若干混乱しながら読んだものの、愛娘を亡くした母の強い思いがすごく伝わった。自費出版からスタートしたというこの作家さんのデビュー作、ぜひ読んでみたい。
読了日:5月22日 著者:天野節子
書店主フィクリーのものがたり書店主フィクリーのものがたり感想
本屋大賞翻訳部門受賞作。小さな島の唯一の本屋さん。妻を亡くした変り者の店主が、小さな女の子のマヤを引き取るという設定がいい。軽く書かれているがマヤへの愛情が感じられる。そしてたくさん出てくる本…。素敵な物語だった。
読了日:5月17日 著者:ガブリエル・ゼヴィン
ニセモノの妻ニセモノの妻感想
いつもちょっと不思議な世界を描く三崎亜記さんの中編4編。ちょっと不思議だったり、ちょっと怖かったり…。でも今回は「断層」にやられちゃったな。
読了日:5月14日 著者:三崎亜記
スクープのたまごスクープのたまご感想
編集者としての日向子の成長物語…だけど、後半になるにつれスリルがあって、予想以上に面白かった。週刊誌なんてどこまでホントのことを書いてるんだか…と思っていたけど、それぞれが誇りを持って働いている。すごい世界なのね。
読了日:5月13日 著者:大崎梢
ステップファザー・ステップ (講談社文庫)ステップファザー・ステップ (講談社文庫)感想
20年以上前の宮部さんの作品。今の宮部さんとはまた違った面白さ。読みやすく軽いタッチ。ドラマ、観たかったなぁ。
読了日:5月10日 著者:宮部みゆき
木暮荘物語 (祥伝社文庫)木暮荘物語 (祥伝社文庫)感想
まさかの修羅場から始まるこの作品は、魅力的な登場人物ばかり。大家さんがいいなぁ。いや、並木も神崎も光子ちゃんも…。佐伯さんは予想以上に怖かったけど。
読了日:5月5日 著者:三浦しをん
彼女に関する十二章彼女に関する十二章感想
やっぱり中島さんの描く日常はいい。50歳になった聖子の何気ないような、でもちょっとした出来事がわが身のように迫ってくる。それは私の年齢もあるんだろうけど。
読了日:5月4日 著者:中島京子

読書メーター

matome_gimage_87122_2.jpg


二ケタ読めると思ったんだけど、
最後でペースダウン。
9冊で終了。

でもはじめましての作家さんの作品が3作。
どれも面白く読め、ほかの作品を読むのが楽しみ🎵
posted by くりきんとん99 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

読書メーター 4月のまとめ

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2734ページ
ナイス数:961ナイス

当確師当確師感想
テンポもいいし解りやすいんだけど、なんか中身が薄いんだよなぁ。全体的にあっさりとした印象。
読了日:4月30日 著者:真山仁
恩讐の鎮魂曲恩讐の鎮魂曲感想
お気に入りの御子柴シリーズ3作目は、やっぱり面白かった!いつになくペースを乱されっぱなし御子柴がある意味新鮮。こうなるとまた1作目が読みたくなる。
読了日:4月27日 著者:中山七里
海の見える理髪店海の見える理髪店感想
これもまた荻原さんらしい短編集。表題作はもちろん、どれもほんのりと切ないもの。やっぱり表題作と「成人式」が良かったな。
読了日:4月24日 著者:荻原浩
暗幕のゲルニカ暗幕のゲルニカ感想
終わり方にビックリ!面白かったわぁ。現在と過去を行ったり来たりする物語に「楽園のカンヴァス」を思い出す。「ゲルニカ」には今まで興味がなく、どんな意味があるかも知らなかったから、なおのこと衝撃的に感じた。
読了日:4月23日 著者:原田マハ
サブマリンサブマリン感想
「チルドレン」を再読していおいてよかった。今回は、長編ということで、前作よりずっと陣内さんを楽しめた。そしてこの登場人物達の会話の面白さは、伊坂さんならでは。でもいろいろと考えさせられたなぁ。
読了日:4月21日 著者:伊坂幸太郎
今はちょっと、ついてないだけ今はちょっと、ついてないだけ感想
やっぱり伊吹さん、すっごく良かった。不器用で上手く立ち回れない登場人物たち。だけど諦めない心さえあれば、少しずつでも良いほうに動き出す。「今はちょっと、ついていないだけ」。私もツラい時にはそう思えるようになりたい。
読了日:4月16日 著者:伊吹有喜
中野のお父さん中野のお父さん感想
久々に読む北村薫さんのこれは、シリーズになるのかな?ちょっとした謎を簡単に解いていってしまうお父さん。すごいなぁ。
読了日:4月13日 著者:北村薫
バベル九朔バベル九朔感想
読み応え感満載の今作は、ずっしりと重い万城目ワールド。ん?ん?結局どういうことなの?このまま終わっちゃったの?ん〜〜、続きが読みたいっ!
読了日:4月9日 著者:万城目学
あきない世傳 金と銀 源流篇 (時代小説文庫)あきない世傳 金と銀 源流篇 (時代小説文庫)感想
はあ、読み終わっちゃったよ。またこれ、先が長いんだろうなぁ。早く続きが出ないかなぁ。
読了日:4月7日 著者:田郁

読書メーター

matome_gimage_87122_2 (8).jpg


やっとこさの9冊。
4月は久々に二けた行けると思ったんだけどなぁ。

それでも『バベル九朔』とか『暗幕のゲルニカ』とか
内容的には濃かったわ。
読んだページ数は、3月の8冊で1903ページより
1冊増えただけで、2734ページと800ページ以上多いし。
800ページって2冊分くらいだもんね。

5月もこのペースで何とか二けたを!
ミステリーをもっと読みたいしね。
posted by くりきんとん99 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする