2016年08月31日

『あしたの君へ』 柚月裕子

あしたの君へ -
あしたの君へ -
26〜30日。

よかったわぁ。
お気に入りの柚月さんの新刊。
今回は、家庭裁判所調査官補、通称「カンポちゃん」。
そのカンポちゃんの望月大地がいろいろな案件を担当し、
調査官として成長していくというもの。
案件ごとの連作短編になっている。

「背負う者」
大地は、窃盗をした少女・友里を担当する。
何も語ろうとしない友里のために妹に話を聞こうと
大地は友里の家を訪れるが、そこはネットカフェだった。

「抱かれる者」
ストーカーをした少年・潤は、面接を行うと
とてもきちんとした優等生だった。
母親と話した大地は、母親が潤に対し過度の期待をしていると感じる。

「縋る者」
年末年始の休暇を利用し帰省した大地は、
中学時代からの友人たちとの飲み会で、
恋心を抱いていた理沙と再会する。
結婚し幸せそうな理沙だったが。

「責める者」
離婚を望む可南子の夫・駿一は、理想的な男性。
なぜ、可南子が離婚をしたがっているのか、
大地は、駿一の両親から話を聞くが、
駿一の日を感じられず、可南子が通う心療内科を訪れる。

「迷う者」
息子の親権を主張する母親・朋美。
夫とその両親に話を聞き、さらに息子の悠真と話をするが、
悠真は本心を語ろうとしなかった。
そして朋美のすむマンションに訪れた大地は、
不自然なことに気が付く。

どれも良かった。
大地が調査官としてやっていけるか迷いながらも
それぞれの案件に真摯に向かっていく。
どれも単純じゃないし。
それぞれやっぱり悩みっていうか、
問題ってあるよなぁって感じで。

大地のその問題に取り組む姿勢がいい。
新人で悩みながらも。

これ、ぜひシリーズでやってほしいなぁ。
「カンポちゃん」じゃなくなった大地も読んでみたい。
posted by くりきんとん99 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 柚月裕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月20日

『孤狼の血』 柚月裕子

孤狼の血 -
孤狼の血 -
13〜20日。

なかなかヤクザ物に馴染めず、
前半、読むのに時間がかかっちゃったけど、
面白かったぁ〜。
女性作家が書いたとは思えない内容。

昭和六十三年、広島。
所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、
ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、
暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。

飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す、
大上のやり方に戸惑いながらも、
日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。

やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。
衝突を食い止めるため、
大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。

面白かった。
なかなか暴力団の背景というか、
力関係というか人間関係?をつかむのに
時間がかかっちゃったけど。
そのために最初に相関図があるんだろうけど、
そんなの確認するの面倒だし。

大上さんが、なかなかすごいキャラ。
そして最初は大上のことをよく思っていなかった日岡が、
どんどんと大上に傾倒していく。
その気持ち、わかるなぁ。
だって強烈なんだもん。

これ、実際にあったことがモデルらしいけど、
この大上にもモデルはいたんだろうか?

そのほか、たくさんのヤクザさんたちが登場。
それに広島弁がよく合うんだよ。
迫力が出るんだよね。広島弁だと。
おかげで、頭の中が「〜〜じゃけえ」みたいになっちゃったけど。

このヤクザさんたちの迫力、
女性の柚月さんが書いたとは思えない。
取材、どんなふうにしたんだろう?
posted by くりきんとん99 at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 柚月裕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

『ウツボカズラの甘い息』 裕月裕子

ウツボカズラの甘い息 -
ウツボカズラの甘い息 -
27〜1日。

面白かった。
前半は物語がどこへ向かっているか
さっぱり分かんなかったけど、
真ん中あたりから一気読み。
引き込まれた〜。

家事と育児に追われ、かつての美貌を失った高村文絵。
彼女はある日、趣味の懸賞でデイナーショーのチケットを手にした。
参加した会場で、サングラスをかけた見覚えのない美女に声をかけられる。

女は『加奈子』と名乗り、文絵と同じ中学で同級生だというのだ。
そして、文絵に恩返しがしたいとある話を持ちかける。

一方、鎌倉に建つ豪邸で、殺人事件が発生。
被害者男性は、頭部を強打され凄惨な姿で発見された。
神奈川県警捜査一課の刑事・秦圭介は
鎌倉署の美人刑事・中川菜月と捜査にあたっていた。

聞き込みで、サングラスをかけた女が
現場を頻繁に出入りしていたという情報が入る……。

殺人事件に文絵と加奈子が絡んでる!って言うのは分かるんだけど。
どっちかが犯人!?
それともどちらかが!?

でもなかなかわかんないんだよね〜。

けっこうポイントになってくるのが
文絵が患っている解離性障害。
たまに発作が起きてるんだけど。
これって、多重人格みたいなもの?って思ったけど、
それとは違うらしい。

そして文絵は解離性障害だと思ってたけど、
実際は・・・!!
旦那さんが可哀そうだったし、
やっぱり文絵本人も憐れ。

殺人事件の真相を追う秦と菜月。
サングラスの女を追っても追っても
出てくるのは死人ばかり。
この連鎖はどこで切れるの?
いったいどういうことなの?

久々に面白かった裕月さん。
ちょっとラストがあっけなかったけど。
でもこの秦と菜月のペアでシリーズになるのかな?
だって秦の奥さんがねぇ。中途半端だもんねぇ。
posted by くりきんとん99 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 柚月裕子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする