2017年01月14日

『居酒屋ぶたぶた』 矢崎存美

居酒屋ぶたぶた (光文社文庫) -
居酒屋ぶたぶた (光文社文庫) -
10〜13日。

年明け早々癒してもらっちゃった。
今度のぶたぶたさんは、居酒屋〜だけではなく、
カクテルバーだったり、屋台のおでん屋さんだったり、
ワインバーだったり、日替わりの読書好きの集まるバーだったり。

そしてどのぶたぶたさんも
いつものようにとんでもなく器用で
美味しそうな料理を作り、
話をさりげなく聞いてくれて、
癒してくれるんだなぁ。

でも今回のぶたぶたさん、
最後のお話で、なんとホラーを〜!!
地味に怖かったわ。

点目でホラーを語る可愛いブタのぬいぐるみ。
・・・シュールかも?
posted by くりきんとん99 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 矢崎存美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

『ぶたぶたの甘いもの』 矢崎存美

ぶたぶたの甘いもの (光文社文庫) -
ぶたぶたの甘いもの (光文社文庫) -
4〜10日。

今度のぶたぶたさんは和菓子屋さん!

町の小さな稲荷神社の参道に
知る人ぞ知る「和菓子処しみず」はある。
春夏秋冬を感じられる和菓子はもちろん、
甘酒やおでん、焼きそばまで食べることのできる
甘味処まであるそのお店の店主は、山崎ぶたぶた。

今回は、連作短編。
この「和菓子処しみず」に訪れる
いろいろなお客さん立場から書かれている。

そのお客さんは、稲荷神社を探してやってきて、
帰りに和菓子屋さんを見つけて立ち寄った人だったり、
近所に引っ越してきた若者だったり、
亡くなった御主人が常連だったことから、
このお店に立ち寄った人だったり・・・。

どのお客さんも、やっぱり驚く(^_^;)
そりゃそうでしょう。
それを読むのがまた楽しいんだけど。

そして驚いていながらも
この不思議なぶたぶたさんを
受け入れちゃっているところがすごいんだよね〜。

それが面白くて、このシリーズを読んじゃうんだよ。
もちろん、癒されるからっていうのが一番だけど。

このぶたぶたさんが作る和菓子、食べてみたいなぁ。
でも娘に振り回されているぶたぶたさんも見てみたいなぁ。
posted by くりきんとん99 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 矢崎存美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

『ぶたぶたのおかわり!』 矢崎存美

ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)ぶたぶたのおかわり! (光文社文庫)
(2014/12/05)
矢崎 存美

商品詳細を見る

10〜11日。

ぶたぶたさんのまさかのスピンオフ!
それも食べ物屋さんばっかり〜♪

「魔女の目覚まし」
滝尾文則は、低血圧で起きられない。
会社勤めになってから、
何とか出勤をしてはいるものの、午前中は使い物にならない。
先輩の環のアドバイスで何とか早起きするものの・・・。

「言えない秘密」
右京徹也が経営する珈琲専門店三号店は、
山崎ぶたぶたが店長を務める。
そこは会員しか入れない。
その三号店に徹也は研修生の岡里明日香を連れて行くが、
明日香は、ぶたぶたを見ても全く驚かない。

「「おいしい」の経験値」
三竹真未は、味オンチ。
何を食べても薄味に感じるから、
自分で料理をするときには、濃い味付けに。
ある日、そのことが原因で夫とけんかし家を飛び出した真未は、
居酒屋きぬたでやっている子ども向けの料理教室に参加することに。

「ひな祭りの前夜」
ひな祭りの前夜、孫のために一生懸命準備をしていた初子。
そこへ夫の平が、汚れたぬいぐるみを拾ってくる。
ただの縫いぐるにと思った初子だったが、
そのぬいぐるみが中年の男性で、
さらに体調を崩していることを夫から教えられる。

カフェこむぎが再登場!
そして会員制の喫茶店も!
分かんなかったのが居酒屋きぬた。
何に載ってた話かなぁ。
続きが気になったし、元の話も読みたいっ!
ぶたぶたシリーズは、どんな順番で読んでも
問題がまるっきりないから、
目につくのを読んでたからなぁ。

最後のお話は描き下ろしらしいんだけど、
ぶたぶたさんが寿司職人って!?
手にラップするんだろうけど、
あの手でどうやってお寿司を握るの!?
初子と同じことを疑問に思ってしまう。

いつ読んでも癒されるこのシリーズ。
食べ物がまた美味しそうなんだよね〜。
それに、ぶたぶたさんに初めて会った人のリアクションを
毎回毎回、楽しめる。

またこのシリーズで、どんな人たちが
ぶたぶたさんに出会って驚いて、
そして癒されていくのか楽しみ♪
posted by くりきんとん99 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 矢崎存美 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする