2016年10月15日

『ヒポクラテスの憂鬱』 中山七里

ヒポクラテスの憂鬱 -
ヒポクラテスの憂鬱 -
8日〜14日。

「ヒポクラテスの誓い」続編。

“コレクター(修正者)”と名乗る人物から、
埼玉県警のホームページに犯行声明ともとれる謎の書き込みがあった。
直後、アイドルが転落死、事故として処理されかけたとき、
再び死因に疑問を呈するコレクターの書き込みが。

関係者しか知りえない情報が含まれていたことから、
捜査一課の刑事・古手川は浦和医大法医学教室に協力を依頼。
偏屈だが世界的権威でもある老教授・光崎藤次郎と
新米助教の栂野真琴は、司法解剖の末、驚愕の真実を発見する。

その後もコレクターの示唆どおり、
病死や自殺の中から犯罪死が発見され、県警と法医学教室は大混乱。
やがて司法解剖制度自体が揺さぶられ始めるが…。

連作短編となっている今作。
WOWOWでドラマが始まり、
それを見たおかげで、読みながらもドラマの配役で想像。

途中、コレクターが誰なのかなんとなく想像がついた。
そして最後の事件でその目的が明らかに。
その目的が予想外のもので、なんとも切ないもの。

今作も面白かったが、古手川と真琴の今後が気になる。
これはまた続編があるのかなぁ?あってほしいなぁ。
posted by くりきんとん99 at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 中山七里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

『作家刑事毒島』 中山七里

作家刑事毒島 -
作家刑事毒島 -
6〜7日。

殺人事件解決のアドバイスを仰ごうと
神保町の書斎を訪れた刑事・明日香を迎えたのは、流行作家の毒島。
虫も殺さぬような温和な笑顔の持ち主は、
性格の歪んだ皮肉屋だった。

捜査過程で浮かび上がってきたのは、
巨匠病にかかった新人作家、
手段を選ばずヒット作を連発する編集者、
ストーカーまがいの熱狂的な読者。
ついには毒島本人が容疑者に! ? 新・爆笑小説!

すごい新キャラ登場。
これは強烈キャラだわ。

連作短編となっている今作。
どの事件も作家がらみ、出版がらみ。
一癖も二癖もある容疑者たちを
作家で刑事の毒島がぶった切る!って感じ。

「うふふ」と笑いながら、
容疑者たちを言い負かす姿は読んでいて
爽快どころか不気味。でも変に癖になる。

いつもの中山七里さんの作品より
かなり軽いタッチで描かれているけど、
これ、きっとシリーズになるんだろう。
なってほしいもん。

かなり楽しんで書いたんだろうなぁ。
posted by くりきんとん99 at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 中山七里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

『羊と鋼の森』 宮下奈都

羊と鋼の森 -
羊と鋼の森 -
4日〜6日。

さすが今年の本屋大賞!
静かな中に暖かい熱いものもありでよかったわ。

外村は高校生のときにある調律師と出会い、
自らも調律師となる青年の成長物語。

外村は、調律師を目指して専門学校へ行き、
きっかけとなった調律師と同じ職場に就職。
一人前の調律師になるために
店にあるピアノで調律の練習。
そして個人宅へ調律へ行く先輩たちについて
勉強していく。

この個人宅へ行ったときに出会った双子の姉妹。
和音と由仁のピアノ、聞いてみたいなぁ。
残念ながら、由仁は弾けなくなっちゃうんだけど。
この双子との出会いが、外村を大きく成長させる。

調律師って決して表に出ることはないけど、
とても大事なんだなぁと改めて思う。
そして奥がとても深いのね。

なんでこんなタイトル?と思ってたけど、
なるほど、こういうことなのね。
posted by くりきんとん99 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他の小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

『危険なビーナス』 東野圭吾

危険なビーナス -
危険なビーナス -
28〜3日。

異父弟の明人が失踪した。
それを知らせてきた彼の妻・楓は、
明るくしたたかで魅力的な女性だった。

楓は夫の失踪の原因を探るため、
兄である伯朗を通じて資産家である弟の家族に近づく。
明人は、数年前に事故死した母親の死を
誰かに殺されたのでは?と疑っていた。

伯朗は楓に頼まれ協力するが、
時が経てば経つほど、彼女に惹かれていく。

なんとも陳腐なタイトル〜と思いながら読んだ。
どろどろとしそうだけど、案外あっさり。
オチは、ちょっとだけ意外だったかな。

危険なビーナスって、楓のことなんだよね?と
思っちゃうほど、あまり魅力を感じられない。
これって、男性が書いたから?
それとも私が魅力を感じなかっただけ?
よっぽど動物病院の事務、元美の方が
私はいいと思うんだけどなぁ。
posted by くりきんとん99 at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野圭吾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

読書メーター 9月のまとめ

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1810ページ
ナイス数:661ナイス

トライアウト (光文社文庫)トライアウト (光文社文庫)感想
藤岡さんの作品、やっぱりいいわぁ。シングルマザーの可南子。読み始めは頑張ってるのは分かるけど、両親に息子の孝太を預けっぱなしというのは、ちょっと勝手なのでは?と思ったけど。タイトルの「トライアウト」はぴったり。
読了日:9月27日 著者:藤岡陽子
奥様はクレイジーフルーツ奥様はクレイジーフルーツ感想
レスに悩む初美が、すごく素直で柚木さんらしいキャラ。結構深刻な悩みなんだけど、そうは感じさせない。初美のキャラがそうさせるのか。
読了日:9月23日 著者:柚木麻子
ドクターぶたぶた (光文社文庫)ドクターぶたぶた (光文社文庫)感想
いるだけで癒してくれるぶたぶたさんが、まさかドクターとして病気まで癒してくれるとは!!どうやって国家試験を?とか考えちゃいけないんだよね。こんなドクターがいたらぜひ、担当してもらいたい。
読了日:9月19日 著者:矢崎存美
よっつ屋根の下よっつ屋根の下感想
父親の正しい行いのためにバラバラになってしまった4人家族。最初は住まいも心もバラバラ…。だけど段々と心は寄り添っていく。素敵な物語。
読了日:9月12日 著者:大崎梢
図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)図書館の魔女 第一巻 (講談社文庫)感想
まだまだ序章といった感じ。ついつい「GOSICK」のあの二人を思い浮かべ、キャラを重ねてしまう。
読了日:9月11日 著者:高田大介
市立ノアの方舟市立ノアの方舟感想
廃園が噂される動物園に市役所から異動してきた素人園長・磯貝。その磯貝が、職員に反発されながらも動物園を知り、動物たちのことを知っていきながら、動物園を立て直そうとする。やはり連想するのは旭山動物園だけど、こういった問題はどこの動物園だってあるんだろうなぁと思わされる。登場する動物たちも魅力的に描かれ、久々に動物園に行きたくなる。
読了日:9月5日 著者:佐藤青南

読書メーター
matome_gimage_87122_2.jpg


最近は、二ケタに全く届かず。
おまけになかなか感想をこのブログに書けない。
なので載せていないこともあるけど、
辛うじて読メで記録。

覚書だから書かないとなぁ。
遅れながらでも何とか書くっ!!

9月もあまり読めなかったけど、
わりと濃厚だったかな?
お気に入りは、「よっつ屋根の下」。
大崎さんらしくいい物語だった。

「図書館の魔女」は、なかなかの読み応え。
これが4巻まであるんだよね。
読み切れるかなぁ?
posted by くりきんとん99 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする